日本人が神前式で結婚式を行うメリットとは?

Posted on

神前式のメリット①憧れの和装を着ることができる

結婚式の衣装選びは最も重要なポイントといっても過言ではありません。ウェディングドレスを着ることは多くの女性が夢見ることですが、ドレスと同様に人気があるのが和装です。白無垢や色打掛などの伝統的な日本の衣装を身にまとい結婚式を行えば一生の思い出になります。披露宴でドレスを着ることもできるので、ドレスと両方着てみたいという人にも神前式はメリットがあると言えます。

神前式のメリット②神前式は親族も喜んでくれる

伝統的な神前式を二人で行うことで、両親や親族は喜んでくれるでしょう。結婚式には高齢の方も多くいらっしゃいます。そのため、和風の結婚式に好感を持つ人も多いのです。結婚式は二人のものであると同時に、お世話になった方々をお招きして感謝を述べる場所でもあります。両親や親族も日本の伝統的な神前式に参加することをきっと喜んでくれるでしょう。

神前式のメリット③慣れ親しんだ場所で挙式できる

神社は結婚式に限らず、多くの日本人が人生の節目で訪れる場所です。子供の頃は「お宮参り」や「七五三」で訪れます。その流れで、結婚式に神前式を選ぶのはごく自然な流れだとも言えるでしょう。人生の節目だけでなく、日本人は毎年、正月に初詣にも出かけます。人生の節目や年の初めに日本の神様に祈りを捧げるのと同様に神前式で日本の神様に結婚を報告したいと考える人も多くいます。

和魂は神の静かで穏やかな面を、これに対して荒々しい面を荒魂といいます。三重の和魂の代表は国内の神社の要である社の中心で祀られており、同神の荒魂は同じ域内にある別の社でたたえられています。